グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科 >  救急科

救急科


診療内容および特色

当院は二次救急医療施設ですが、救急科専従の専門医が内科救急および外傷を中心に、中毒やアナフィラキシー、そして環境要因による低体温症・熱中症等を診療しております。専門性の高い小児科・産婦人科・耳鼻科・眼科等は直接各科が対応しますので、救急科では診療しておりません。また、脳神経外科・心臓外科・精神科救急につきましては、残念ながら当院では対応できません。

診療形態といたしましては、救急車患者および緊急性のある紹介患者、そしてwalk inで来院した患者さんのうち緊急性のある方を対象に、まずは呼吸・循環の安定化を図りつつ、入院が必要と判断した場合は、内科・外科・整形外科等に振り分け入院となります。従いまして、救急科としてのベッドはなく、ER(救急外来)における外来診療のみを行なっております。また、夜間・休日は従来どおりの各科(内科・外科系・産婦人科)当直医体制となります。
月~金曜日:8時30分~17時00分
土曜日:8時30分~12時30分
左記以外の夜間・休日
内科救急 救急科:湯浅(非常勤救急医) 当直医(内科・外科系・産婦人科)
外傷
産婦人科・小児科・耳鼻科・眼科等 各科救急担当医
脳外科・心臓外科・精神科救急
tPA適応脳梗塞
診療不能

特記事項

多発外傷や広範囲熱傷、重症中毒等、三次救急適応と判断した場合は、救命救急センターに転送いたします。

スタッフ

医師名 役職 専門領域
学会資格等
湯浅 洋司
(ゆあさ ひろし)
センター長 外傷、内科救急、外科
日本救急医学会 救急科専門医
日本外傷学会 外傷専門医・評議員
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・指導医・評議員
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医
アメリカ心臓協会 ACLSリードインストラクター
日本救急医学会 ICLSインストラクター・ディレクター
日本救急医学会・日本外傷学会 JATECインストラクター
日本救急医学会 JPTECインストラクター・世話人
初期臨床研修医
(交代)
- -
-
  • 医師ごとに紹介を希望する項目が異なります。紹介内容が全てではありません。
pagetop