グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科 >  臨床検査科

臨床検査科



診療内容および特色

臨床検査科は、患者さんを対象とした外来診療は基本的に行ないません。臨床検査科の医師(臨床検査専門医)の主なクライアントは各診療科の医師と臨床検査技師です。臨床検査専門医は臨床血液学(赤血球や白血球など)、臨床化学(コレステロールや血糖など)、臨床免疫学(感染症、腫瘍マーカーなど)、臨床微生物学(細菌やウイルスなど)、輸血学など、血液や尿などの検体を扱う臨床検査全般に関して幅広い問題解決ができる知識と技術をもっています。臨床検査科では、臨床検査技師の皆さんとともに、特殊な検査の結果から考えられる体の中で起こっている変化等(病態)を解析して、その結果を診療担当の医師にレポートとして報告することが行なわれています。具体的には血液疾患が疑われるときの骨髄像検査、免疫電気泳動の解釈や、輸血に関しては使用する血液製剤の種類選択や適正輸血のアドバイス、微生物検査結果を踏まえた使用抗菌剤の選択や感染対策等を行なっています。また現在、臨床検査項目は膨大な数があり、全項目を全ての医師が理解するのは難しくなっています。そこで、各診療科の医師からの臨床検査に関する質問に答えることも大切な業務の一つです。

一方、患者さんに対して直接診察等は行ないませんが、外来受診される患者さんはほとんどの場合、診察前に採血、採尿がされて、診察を受ける時にはその日の検査結果にそって診断、治療が行なわれます。このようなわずか1時間足らずの間に検査結果が得られるのは、臨床検査科で臨床検査技師による検査が行なわれているからです。また臨床検査科で行なわれた検査結果が常に正しいのは、臨床検査技師と、臨床検査科の医師(臨床検査専門医)は共同して、検査結果が正しい検証(精度管理)を常に行なっているからです。患者さんが安心して当院の診療を受けることが出来るように、臨床検査科では正確な検査結果を迅速に担当医師に提供しています。当然、入院患者さんに対しても365日、24時間休みなく臨床検査が行なわれ、正確さが保証された検査結果が迅速に報告されています。現在の診療になくてはならない、心電図、超音波検査等の生理機能検査を含めた臨床検査実施を担当しているのが臨床検査科です。

2008年に臨床検査科は標榜科の一つとして病理診断科と同時に認められました。本院では部長の土屋逹行が赴任した2014年4月から診療科として臨床検査科が標榜されました。しかし医員の数が少なく、他の病院で検査データに問題があるといわれた患者さんに対するセカンドオピニオン外来などの実施準備はまだできていません。

スタッフ

医師名 役職 専門領域
学会資格等
土屋 逹行 部長 臨床検査全般、臨床血液学
[日本臨床検査医学会]臨床検査専門医(認定番号:244)、臨床検査管理医(認定番号:8)
[ICD制度協議会]インフェクションコントロールドクター(ICD)(認定番号:ID0029)
  • 医師ごとに紹介を希望する項目が異なります。紹介内容が全てではありません。
pagetop