グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科 >  整形外科

整形外科



診療内容および特色

 整形外科では脊椎疾患、股関節疾患、膝関節疾患、肩関節疾患、骨・関節外傷等幅広い領域の診療を行っています。
脊椎疾患は手術指導医の鎌田副院長、脊椎専門医である石川副部長、川端医長を核に若手医師を含めたチーム医療で、診察、カンファレンス、手術を行っています。頚椎から腰椎まで、変性疾患・感染症・外傷・転移性腫瘍など幅広く診療しています。さらに最近では特発性や変性性の側わん症の手術も行っており、良好な成績が得られています。
 また、高齢者では骨粗鬆症性圧迫骨折を合併する率が高く、高齢化社会となって、胸椎、腰椎圧迫骨折の症例が大変増えております。外来でこのような患者さんがいらした場合入院の対応に困られるケースが多々あるかと思います。そのような場合は遠慮なくご相談いただければ、できる限りの対応をさせていただきます。
 股関節疾患は、千葉部長、山本医長が担当しており、minimum invasive surgery(MIS)として、わずか8cm程の創で人工股関節置換術(THA)などの手術をこなしています。従来法で片側の手術経験がある患者さんの意見の中には、反対側をMISで行った後では従来法と比べ、「天と地ほども術後の痛さ、リハビリが違う!」といった話まであるほど、すばらしい結果を出しています。最近は股関節鏡での手術も取り入れています。
 膝関節疾患は、関口副部長が担当です。人工膝関節置換術(TKA)、前十字靱帯(ACL)の靭帯再建術等専門的な手術を積極的に行っております。
 骨・関節外傷の治療は、主に若手医師が主治医として担当しますが、スタッフ全員で毎日行っているカンファレンスを通じて適切な治療方針決定を行い、手術には経験豊富な指導医が入っております。
 また、上肢疾患に対応するため肩関節専門外来を開設し、東邦大学教授の池上博泰先生に毎月1回診療をお願いしております。外来診察の結果、必要な場合には手術も行っております。肩関節に限らず上肢疾患の患者さんは当院スタッフの外来にご紹介いただければ、MRI等必要な検査を行った後、必要に応じて肩関節専門外来に予約いたします。今まで以上に適切な対応ができると思います。

整形外科だより

整形外科で定期的に発行しています整形外科だよりは下記のリンクからご覧いただけます。

2005年

2006年

2007年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2016年

2018年

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


特に力を入れている疾患

  • 脊椎脊髄疾患
  • 関節(股・膝)疾患
  • 骨折等外傷一般

専門外来

側弯症外来(特発性側弯症、先天性側弯症)

診療日・診察時間・担当医師 第1金曜日 14時30分~15時30分 鎌田副院長
毎週月曜日 14時00分~15時30分 石川副部長
第2・4土曜日 9時00分~11時00分 石川副部長
受診方法・問い合せ先 整形外来へ問い合わせしてください。
内線6124[担当:吉住(よしずみ)、船木(ふなき)]

股関節外来

診療日 毎週木曜日 診察時間 09時00分~09時30分
担当医師 千葉 部長
受診方法・問い合せ先 整形外来へ問い合わせしてください。
内線6124[担当:船木(ふなき)]

リウマチ・膝関節外来

診療日 毎週火曜日 診察時間 14時00分~16時00分
担当医師 關口 副部長
受診方法・問い合せ先 整形外来へ問い合わせしてください。
内線6124[担当:吉住(よしずみ)、船木(ふなき)]

外来診察表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
再診/紹介初診 石川 鎌田(第1・3) 川端 千葉 鎌田 ローテーション
(初診・再来)
伊藤 千葉 藤井
伊志嶺(午後)
關口 大久保
初診・処置 藤井 大久保 伊藤 伊志嶺 川端

特殊外来[完全予約制]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
      側弯症外来 リウマチ・ 膝関節外来 - 股関節外来 側弯症外来
(第1)
乳児検診
側弯症外来

脊椎脊髄センター [紹介初診のみ]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
9時00分~9時30分 ローテーション ローテーション ローテーション ローテーション ローテーション -

スタッフ

医師名 役職 専門領域
学会資格等
鎌田 修博
(かまた みちひろ)
副院長 脊椎脊髄外科
慶應義塾大学客員准教授
[所属学会]
日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本側弯症学会
東日本整形災害外科学会、関東整形災害外科学会
[取得資格]
脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会専門医、医学博士
[診療の基本姿勢]
患者さんの気持ちになって治療を進める。
千葉 和宏
(ちば かずひろ)
部長 股関節外科 人工関節置換術
慶應義塾大学医学部非常勤講師
[所属学会]日本整形外科学会、日本股関節学会
[取得資格]日本整形外科学会専門医、医学博士
[診療の基本姿勢]患者さんの活動性、健康状態を考慮して、最善の治療法を選択します。
關口 治
(せきぐち おさむ)
副部長 膝関節疾患
[所属学会]日本整形外科学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
[資格取得]日本整形外科学会専門医
[診療の基本姿勢]患者さんに寄り添い、わかりやすい診療を目指します。
石川 雅之
(いしかわ まさゆき)
副部長 脊椎脊髄外科疾患一般、脊柱側弯症、腰部脊柱管狭窄症
[所属学会]日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本側彎症学会、医学博士
[資格取得]日本整形外科学会認定専門医、脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会指導医
[診療の基本姿勢]患者様とご家族に十分ご理解していただけるような病状説明を心がけ、最善の治療を目指して参ります。
大久保 匡
(おおくぼ まさし)
医長 変形性股関節症、股関節外科、人工関節置換術
[所属学会]日本整形外科学会、日本股関節学会、日本人工関節学会
[資格取得]日本整形外科学会専門医、医学博士
[診療の基本姿勢]わかりやすい説明と、安全な手術を目指します。
川端 走野
(かわばた そうや)
医長 脊椎脊髄外科
[所属学会]日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本脊髄障害医学会
[資格取得]日本整形外科学会専門医、医学博士、日本整形外科学会脊椎脊髄病医
[診療の基本姿勢]患者さんに寄り添う優しい医療を心がけています。
藤井 武
(ふじい たけし)
医員 脊椎疾患
[所属学会]日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本側弯症学会、関東整形災害外科学会
[資格取得]日本整形外科学会専門医
[診療の基本姿勢]患者さんに寄り添ってより良い診療を提供できるよう、心掛けます。
伊志嶺 洋平
(いしみね ようへい)
医員 腰痛患者
[所属学会]日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、関東整形災害外科学会
[診療の基本姿勢]全ての患者様の症状がよくなるように最大限努力します。
伊藤 啓太郎
(いとう けいたろう)
医員 外傷一般
[所属学会]日本整形外科学会、関東整形災害外科学会
[診療の基本姿勢]患者さんの気持ちを理解し、誠心誠意診療に取り組みます。
  • 医師ごとに紹介を希望する項目が異なります。紹介内容が全てではありません。

リハビリ科

特色

入院患者を主な対象とした急性期リハビリテーション。

主な医療設備

  • 運動器リハビリテーション(I)
  • 呼吸器リハビリテーション(I)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション(I)
  • 機能訓練室
  • 水治療法室

スタッフ

スタッフ名 役職
關口 治(せきぐち おさむ) 部長
田中 さえ子(たなか さえこ) 理学療法士
玄番 匡(げんば ただし) 理学療法士
彦根 奈津美(ひこね なつみ) 理学療法士
金子 敬弘(かねこ たかひろ) 理学療法士
阿部 恵美(あべ めぐみ) 作業療法士
スタッフ名 役職
和田 晃平(わだ こうへい) 理学療法士
小檜山 敦(こびやま あつし) 理学療法士
畑仲 めぐみ(はたなか めぐみ) 理学療法士
渡辺 祥伍(わたなべ しょうご) 理学療法士
関口 直也(せきぐち なおや) 作業療法士
並木 彩香(なみき さいか) 作業療法士
菅原 綾(すがわら あや) 言語聴覚士
pagetop