グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科 >  神経内科

神経内科



診療内容および特色

神経内科は脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気をみる「内科」です。心の病気を扱う精神科、精神神経科、神経科、心療内科などとは異なります。
常勤医2名と非常勤医1名で神経内科疾患全般の診療を行っております。症状の経過、診察所見およびMRI、CT、脳波検査、電気生理学的検査などの検査所見から診断を行います。


神経内科で扱う主な症状
  • 頭の痛み
  • ものわすれ
  • しびれ
  • めまい
  • かってに手足や体が動いてしまう、ふるえ(不随意運動)
  • うまく力がはいらない(脱力)
  • 歩きにくい、ふらつき、つっぱり
  • むせ
  • しゃべりにくい、ろれつがまわらない
  • ひきつけ、けいれん
  • ものが二重にみえる(複視)
  • 意識障害

など

神経内科で扱う代表的な疾患
  • 脳卒中
  • てんかん
  • 片頭痛
  • アルツハイマー型認知症
  • パーキンソン病
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 多発性硬化症
  • 重症筋無力症
  • ギラン・バレー症候群
  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎
  • 脳炎、髄膜炎
  • 内科疾患の神経合併症

など

外来診察表

は非常勤医です。
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 玉井 - 小堺 玉井 小堺 -
午後 小堺
(ボトックス)
- 玉井
小堺
玉井
中原
- -

スタッフ

医師名 役職 専門領域
学会資格等
小堺 有史
(こさかい ありふみ)
神経内科部長 -
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
玉井 伸明
(たまい のぶあき)
総合内科部長 -
日本内科学会総合内科専門医
日本頭痛学会専門医
  • 医師ごとに紹介を希望する項目が異なります。紹介内容が全てではありません。
pagetop