グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  部門 >  薬局 >  入院部門

入院部門



薬品管理室業務

薬品管理室では、病棟部門・外来部門への薬品供給業務と、各部門での薬品使用量を把握し、使用期限チェックを含めた院内薬品の適正在庫管理業務を行っています。
また毎月、月末に薬品の棚卸を行うことで、過剰在庫を抑え、また不動薬品等の削減にも力を入れています。

手術室薬剤業務

当院では2015年4月より、薬剤師の手術室常駐を開始しました。
主な業務内容は、手術室内の薬品管理と、手術予定患者の全身状態や使用している薬剤情報を把握し、麻酔科医師、手術室看護師と共に情報交換のカンファレンスに参加しています。
薬剤師が医療チームの一員として、他職種と連携をとり、安全な手術の一翼を担っています。

病棟薬剤業務・薬剤管理指導業務

全病棟に専任の病棟薬剤師を配置して、入院患者さんへの薬の説明、相談対応、副作用回避のための処方確認と薬物血中濃度の管理をはじめとした治療支援業務を行っています。
具体的には、全ての入院患者さんに対する持参薬(患者さんが入院時に持ち込まれる普段お使いになっている薬)の確認と副作用歴、アレルギー歴などを確認するための面談を行っています。また、薬歴・検査データなども見ながら、相互作用(飲み合わせ)や副作用などをチェックし、お薬が安全に使用されるよう注意しています。

医薬品情報管理業務(DI業務)

医薬品情報管理室では、患者さんに医薬品を有効かつ安全に使用して頂くため、医薬品に関する情報の収集、整理、評価を行い、診療関係各部署からの問い合わせにお答えするとともに、院内向けの医薬品情報誌を作成し、各部署に医薬品情報の提供を行っています。また、病院内には、医薬品の採用など医薬品に関するすべての審議が行われる薬事・臨床委員会があり、医薬品情報管理室では採用薬審査に関する資料を作成する薬事・臨床委員会事務局としての機能も果たしております。

製薬企業の方へ

~院内MR活動の注意事項について~
  • 当院採用薬以外の薬剤に関してMR活動を行う場合には、必ず薬局長およびDI担当者に宣伝許可を得てください。宣伝許可の申請を行う際は、新規医薬品宣伝届をDI担当者にメールでご提出ください。宣伝届受領後、ヒアリングを実施しますので、所定の時間(月曜15時~16時)にお越しください。
  • 来院時、院内では必ず所定のネームプレートを着用してください。
  • 院内の訪問時間は17時15分~19時00分とし、原則病棟及び外来の訪問は禁止します。
  • 連絡先、担当者等が変更となる場合には、速やかに薬局長およびDI担当者にご連絡ください。
  • その他詳細なルールにつきましては、薬局長・DI室前の掲示板をご参照ください。

pagetop