グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  部門 >  薬局 >  外来部門

外来部門



調剤室業務

入院・外来患者さんのお薬を調剤し、院外処方箋のチェックをしています。
医師が診察時に処方を入力すると調剤室から処方箋が出力され、薬剤師が処方内容をチェックし、調剤します。確認が必要な処方は医師に連絡を取り、お薬が変更になる場合があります。
別の薬剤師が正しく調剤されているか確認し、外来処方は薬局窓口にお薬を送ります。
粉薬や水薬、お薬の一包化、錠剤の粉砕、軟膏の混合などは時間がかかることがあります。
調剤室では、迅速かつ正確な調剤ができるよう様々な努力と工夫に励んでいます。

院外処方箋ご希望の患者さんは受診時、主治医にお申し出ください。

製剤室業務

製剤室では、以下の院内製剤の調製を行っています。
一般製剤 (消毒薬、検査薬、処置薬、軟膏剤、外用液剤、約束処方の散剤等不特定多数の患者さんを対象にした製剤)
特殊製剤 市販の薬品では治療がままならず、医師からの要望、又は薬剤師からの提言により患者さんの症状に応じて調製する製剤)
無菌製剤 (無菌室内にて局所注射、点眼薬、吸入薬等の調製、高カロリー輸液の混注等) 薬品の効果、品質、安全性、衛生面等を常に意識し業務に取り組んでいます。
薬品の効果、品質、安全性、衛生面等を常に意識し業務に取り組んでいます。

外来化学療法室業務

1F外来化学療法室において、年間4000件を超える入院・外来の抗がん剤の混合調製を薬剤師が行っています。抗がん剤治療においては取り違えや容量の間違えが重大な医療事故を招く危険性があり、当院においては薬品の払い出し、混合調製、そして患者さんに投与するまで4名の薬剤師がチェックを行っております。抗がん剤オーダに関してもレジメン登録制を導入し、抗がん剤の適正使用を推進しております。
外来化学療法室では化学療法投与日に薬剤師による面談を実施しており、化学療法専従医師、外来化学療法室勤務看護師と連携して、抗がん剤投与に伴う副作用軽減に努めて業務に取り組んでいます。

pagetop