グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  専門チーム >  緩和ケアチーム

緩和ケアチーム


緩和ケアとは

病気や治療に伴う身体や心のさまざまな苦痛を和らげ、患者さんやご家族にとって可能な限り良好な生活の質(Quality of Life)を実現する医療です。緩和ケアはがんと診断された時から、病気や治療に伴うつらさを和らげる医療やケアを提供します。苦痛をやわらげ、がんや治療に自分らしく向き合う気持ちを支えます。

緩和ケアチームとは

当院の緩和ケアチームは平成23年5月よりがん患者さんとそのご家族をサポートするための診療科として「緩和ケア内科」が新設され、正式なチーム活動を開始致しました。
緩和ケアチームは痛みやその他のつらさ(息苦しさや吐き気、だるさ、気持ちのつらさなど)を緩和する方法を主治医や看護チームと一緒に考えるチームです。チームメンバーは身体症状・精神症状を緩和する医師、看護師(緩和ケア認定看護師)、薬剤師(緩和薬物療法認定薬剤師)、ソーシャルワーカーで構成され多職種で患者さまやご家族を支援します。

活動内容

緩和ケアチームの介入方法は緩和ケアチームのサポートが必要だと主治医や担当看護師が判断した時、本人やご家族がサポートを希望された時に、主治医から緩和ケアチームへ依頼が出されます。(主治医や看護師に緩和ケアチームのサポートを受けたいことを伝えて下さい)入院中の患者さんは緩和ケアチームが毎日ベッドサイドまで伺い苦痛が早期に緩和されるよう主治医や担当看護師と相談の上、調整するサポートを行います。毎週1回緩和ケアチームカンファレンスと回診を行っています。外来の患者さんは緩和ケア内科外来(月・水午後の予約制)を受診して頂きサポート致します。

pagetop