月別アーカイブ:2016年6月

2016年6月:レベル6・7目標管理①研修

201606282016年6月28日(火)

今日は、レベル6・7を対象として目標管理①研修を実施しました。

この研修では「今年度の目標を挙げ、それに対する取り組みについて目標管理シートに記入

する」事前課題があり、【目標管理のあり方、また自らの役割を果たすための目標管理に

ついて考えることができること】を目的としています。

また、この結果については「目標管理②研修」として2月に実施します。

 

 

2016年6月:レベル1フォローアップ研修

201606242016年6月24日(金)

現在、レベル1フォローアップ研修として、「①夜勤導入に向けての心構え ②ストレス

マネジメント~認知療法的アプローチ」を開催しています。

4月に入職した同期が一同に集う、大切な時間です。

7月から始まる夜勤導入にむけて心と体の準備を整えていただき、セルフマネジメントが

できるようになることを期待しています。

2016年6月:けいゆう病院地域医療連携懇談会

201606152016年6月17日(金)

当院がこれからも高度な医療を提供、患者さんに優しい病院を目指し、地域の中核病院として

の役割を果たす事、又より一層病病・病診連携を大切にした医療を進めるため、地域の皆様方

からご意見を承る機会として、6月15日(水)に「けいゆう病院地域医療連携懇談会」を開催

しました。

今後も「地域医療支援病院」として患者の視点に立った患者中心の医療・ケアの提供、を

行っていきます。

 

 

2016年6月:専門チーム紹介⑤(ブレストチーム)

EQ5A09282016年6月10日(金)

少し間が空いてしまいましたが、今日は「ブレストチーム」を紹介したいと思います。

ブレストチームは、乳腺疾患に関する診断、治療について総合的・包括的なケアを提供する

ための部署を越えた専門チームで、質の高い医療・看護を提供することを目的としています。

2016年6月:中途採用者研修

20160602

 

2016年6月2日(木)

今日は中途採用者向け、「医療安全・感染管理研修」が実施されました。

当研修は全職員が受講する講義で、各個人それぞれが医療安全・感染の必要性、

重要性を認識し、安全な医療が遂行できるように努めています。

2016年6月:専門チーム紹介④(栄養サポートチーム)

EQ5A06682016年6月2日(火)

私たちは普段、食べることで栄養を摂取しています。しかし病院に入院している患者さんは

病気やけがによって食欲がなくなっていたり、病状によっては食べることができず十分な

栄養が摂取できないことも少なくありません。

病気やけがを治すためにはいつもより多くの栄養を必要とします。

当院の栄養サポートチームは各分野のスタッフが知識と技術を持ち寄り、栄養療法が必要な

患者さん一人ひとりにあった方法で栄養をサポートする他職種で構成されたチームです。

2016年6月:専門チーム紹介③(褥瘡対策チーム)

142-1

2016年6月1日(水)

褥瘡対策チームのご紹介です。

「褥瘡」とはいわゆる「床ずれ」のことです。病気やけがが原因で自分で体の向きを

変えることができず、同一部位に一定以上の圧力が持続的に加わることで皮膚に障害を

起こしている状態です。近年、入院患者さんの高齢化が進み褥瘡発生リスクは高くなっ

ています。そのため、入院時からリスクアセスメントを行い、患者さん一人ひとりに

合わせた適切な褥瘡予防ケアを実施していくことが重要です。

当院の褥瘡対策チームは皮膚科医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士などの

他職種で構成され、褥瘡予防ケアの質向上を目指しています。

 

 

2016年6月:専門チーム紹介②(感染制御チーム)

201606012 - コピー2016年6月1日(水)

今日は当院の「感染制御チーム(Infection Control Team:ICT)をご紹介します。

ICTは医療関連感染の予防、低減を目的に活動する専門のチームです。ICTは院内感染

防止対策委員会の下部組織として位置づけられおり、病院をあげて医療関連感染防止に

取り組んでいます。

メンバーは、感染専門医・感染制御医師・感染制御認定薬剤師・抗菌化学療法認定薬剤師・

臨床検査技師・感染認定看護師・事務員がメンバーとして在籍しています。

写真は昨日、5月31日に当院の屋上(ヘリポート)で撮影したものです。