月別アーカイブ:2016年8月

2016年8月:院内保育園夏祭り♪

2016年8月31日(水)15:15

 

20160831

 

今日は院内保育園の夏祭り。

ママやパパが走ってかけつけていました。

これから、すいか割りが行われるようです。

 

 

 

 

2016年8月:ただいま献血実施中

2016年8月30日(火)10:00

 

20160830

 

現在、当院の西玄関内において日本赤十字血液センターによる献血を

実施しています。

職員や患者さんに限らず、近隣の方にもご協力をいただいております。

 

 

 

 

2016年8月:抜群の立地を誇ります

2016年8月26日(金)

 

当院は横浜でも随一の観光地、「みなとみらい」駅より徒歩3分に立地します。

横浜駅や桜木町駅からの徒歩も可能で、通勤アクセスも良いです。

ショッピングやお食事、リラクゼーション等、勤務後のリフレッシュを図ることの

できる環境で、立地の良さは当院の大きな魅力の一つです。

 

2016082603

2016082602 2016082601

 

 

 

 

 

 

2016年8月:5病院合同復職支援セミナー②

 

20160825

 

2016年8月25日(木) 14:00

 

今日は5病院合同復職支援セミナーの3日目を迎えています。

 

【参加病院】

◎けいゆう病院(一般急性期410床)

◎JCHO横浜中央病院(一般200床・地域包括ケア50床)

◎佐藤病院(一般56床・医療療養病床24床・回復期リハビリテーション36床)

◎関東病院(医療療養病床120床・地域包括ケア41床・障害者病棟38床)

◎磯子中央病院(一般104床・回復期リハビリテーション60床・地域包括ケア16床)

 

【プログラム】

1日目:AM 5病院概要説明・医療の動向講義・けいゆう病院見学

PM 佐藤病院見学

2日目:AM JCHO横浜中央病院見学

PM     関東病院・磯子中央病院見学

3日目:AM・PM 講義・演習

(血糖チェック・静脈採血・血管確保・輸液管理・輸液ポンプ・シリンジポンプ)

4日目:AM 医療安全・感染管理講義

PM まとめ・修了書授与

 

この復職支援プログラムは横浜市内の病院や施設が協力しているほか、

全国それぞれの自治体で実施しております。

当院での実施は年4回(6月・8月・10月・12月)、今年度残りの開催は下記のとおりです。

ご興味のある方はお問合せください。

 

≪平成28年度 5病院合同復職支援セミナー≫

実施日:10月25日(火)~28日(金)および12月13日(火)~16日(金)

いずれも4日間を通じて、10:00~16:00

問合せ先:けいゆう病院 看護部室 河内(かわち) TEL 045-221-8202

 

 

2016年8月:5病院合同復職支援セミナー

 

2016年8月23日(火)

 

本日から4日間、横浜市共催「5病院合同復職支援セミナー」を開催します。

 

これは潜在看護師(資格を持っているものの現在働いていない方)を対象とした研修で、

看護師として復職したい方に知識・技術を身につけていただき復職を後押しするために

横浜市と共に実施するものです。

 

 

現在の日本は慢性的な看護師不足に陥っています。

毎年5万人規模の新人ナースが誕生しているにも関わらず、なぜ不足するのか…

 

それは

 

①看護師は圧倒的に女性の多い職種であること

 

女性のライフスタイルを考えると妊娠・出産・育児といったタイミングで

退職する方も多く、またブランク後に育児と両立しながら働ける環境がなかなか

整わないこともあります。

また、保育園に入ることができない、というような社会的問題もあります。

 

②超高齢化でより多くの看護師が必要

 

今や超高齢化を迎えた日本では、今も、そしてこれからも、より多くの看護を

必要とする時代が来ます。しかし子供は減る一方で、新人看護師が減っていくのも

目に見えています。

 

看護職の活躍できる場は多岐にわたります。

ぜひ潜在看護師のみなさんにはそれぞれのライフスタイルにあった職場を見つけて

いただき、細くでも長く勤務していただければと思います。

 

研修の内容や様子はまた改めてお伝えさせていただきます。

 

 

2016年8月:医学生によるピアノコンサート♪

2016年8月19日(金)

 

当院の一階ロビーにおいて、医学生によるピアノコンサートが開催されました。

男性のピアノの音色は女性とは違う魅力がありますね!

癒しの時間をありがとうございました。

 

20160819

 

 

 

 

2016年8月:かながわ看護フェスティバル 一日看護体験

20160816

2016年8月16日(火)

 

本日は「かながわ看護フェスティバル」の一環として、高校生の一日看護体験の受入れを

行いました。

将来看護師を目指す高校生を対象に実施されたもので、毎年キャンセル待ちとなる、

ご希望者の多い看護体験です。

 

内容としては主に病棟において実際の看護師と一緒に動き、看護師がどのような業務を行って

いるのか、また患者さんとの関わりなどをご見学いただきます。

 

本日のご感想をいくつかご紹介します。

 

◎今回一日体験をさせていただき、普段見ることのできないナースステーションの中が

見れたことや、看護師さんが仕事の話だけでなく、看護学生の頃の話もしてくださって

参考になりました。

◎看護という仕事を表面的には知っていたものの、実際病院で働いていらっしゃる方が

どんな仕事をしているのか知らなかったので、今回の体験で多くのことを学ぶことが

できました。看護師には知識も必要だと思いますが、体力もかなり必要だと一日体験をして

思いました。

◎看護師さんが活き活きと働いていたので、大変そうだけれど楽しそうにも見えました。

また、たくさん歩くので自分自身の健康も大切だと思いました。

◎初めに行った産科病棟では、今朝産まれたばかりの赤ちゃんに実際に触れたり、

見たりすることができてうれしかったです。

また助産師さんがお母さんに沐浴や授乳の指導をしているところも見れました。

貴重な体験が出来てとてもよかったです。

 

みなさんが将来、看護師・助産師として活躍されることを楽しみにしています。

本日はお疲れ様でした♪

 

2016年8月:神奈川県高校生3日間職業体験受け入れ

2016年8月10日(水)

 

月曜日からの3日間、神奈川県主催の高校生職業体験の受け入れを行いました。

 

これは学生一人ひとりの個としての自立を促し、生涯にわたる自己の生き方、

あり方について自ら考え、職業観を身につけるために、神奈川県が実施している

インターンシップ推進事業に協力するものです。

 

高校一年生から三年生まで、施設見学や実際に病棟でどのように各職種が

活躍しているかをご見学いただきました。

また、車イスやストレッチャーを使用し患者体験も行いました。

 

5年前に高校生で看護師を目指しインターンシップにご参加いただいた方が

その後看護学校に入学され、今年当院の採用試験を受験し内定となったうれしいケースも

あり、来年も継続的に実施していく予定です。

 

今回ご参加されたみなさん、

将来けいゆう病院でお待ちしています♪