新卒教育

集合研修

集合研修は、教育委員が中心となり入職時のほか、
フォローアップ研修を実施しています。
新人看護職員が悩みを表現できるようなグループワークを行っています。

OJT

各部署では、プリセプターと教育担当者が中心となり、
先輩看護職員全員でサポートしています。
実際に業務をする中でその時期に学んで欲しい基本的な知識・技術・技能を
身につけます。

新人教育3つのポイント

夜勤見学

4月から6月に月1回程度の「夜勤見学」をします。
目的は
(1)夜間の患者さんの様子を知る 
(2)夜勤業務内容を知る
(3)夜勤前後の自己の体調管理を体験する
の3つで、先輩看護師の実務見学をします。

本格的な導入前には集合研修で夜勤に向けての不安や疑問を先輩看護師に答えてもらい、準備をしていきます。

院内実務者研修

他部署の治療・処置・対応等を見学することで、職務上必要な知識および技術の向上につなげます。

支援体制

新人には精神的支援を行うプリセプターが一年間つきます。
実務的な指導は実地指導者をはじめチーム全体で行い、チーム会で新人看護師のOJT進捗状況を共有します。
また教育部や医療心理士によるフォローやラウンドを定期的に行い、成長に合った支援体制をとっています。

また、基礎教育と臨床をつなぐユニフィケーションシステム※を取り入れ、看護学校の教員による新人支援も行っています。

※ユニフィケーションシステムとは
 看護学校と実習病院において教育力と看護実践力を統合させ、新たな看護教育体制を構築するための手法。

キャリアラダープログラム
(横浜赤レンガ方式)

キャリアラダープログラム(横浜赤レンガ方式)