グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム >  診療科・部門紹介 >  センター機能 >  化学療法室

化学療法室


ページ内目次


診療内容

がん薬物療法専門医である赤木は、主治医が診察した後、患者さんの症状を改めてお伺いして、副作用の出現具合を確認し、必要があれば主治医と相談し、処方や点滴の補充などを検討しています。

治療に関しても、患者さんからいろいろお話をされることがあり、患者さんが希望されれば、外来において治療方針に対する理解を深めたりする上で、治療と並行して外来を受診して頂いています。また、その際に精神的な悩みを訴えられるケースはまずはその場で傾聴しているものの、化学療法室はオープンスペースであるために患者さんが希望する場合は外来で治療に関する悩みも傾聴しています。
がん患者さんに何かあれば体調の変化をお伝えするようにお話すると、化学療法室までわざわざお伝えに来て下さる患者さんも増え、患者さんから「ありがとう」と言われることも多くなりました。

毎回投与する患者さんの病気の状態や副作用の出現具合などを確認しているため、がんによる精神的な状況の変化も含めて前回の治療の際に気がついたことを必要があれば、薬剤師と看護師とシェアをしております。そうすることで、できるだけ副作用が少なく、快適な抗癌剤治療ができるように心がけています。

世の中では、がんになるのは2人に1人の時代に入りますので、外来での抗癌剤治療の需要を受けて、少しでも多くのがん患者さんが笑顔でいられるように、日々精進させて頂いております。

スタッフ紹介

赤木秀子(あかぎ ひでこ)
化学療法室室長

患者さんへのメッセージ

化学療法を受けることは辛いことだと思います。副作用で悩み、「なぜ、がんになってしまったのだろう」と、涙を流すこともたくさんあると思います。そんな中で、赤木を中心に化学療法室では、「一人ではない」と思ってもらえるようにがん患者さんに寄り添います。
皆さん、ぜひ、一緒にがんと向き合っていきましょう。

専門医資格等

  • 日本内科学会認定医、総合内科専門医・指導医
  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
  • 日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本がん治療認定機構がん治療認定医