グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム >  診療科・部門紹介 >  腎臓内科

腎臓内科



診療内容

腎臓内科というと、腎臓疾患のみと思われるかもしれませんが、当科は慢性腎臓病を見るだけではなく、難治性高血圧、高血圧からの腎硬化症、また他の疾患から引き起こされる糖尿病性腎症、膠原病関連の腎疾患など、幅広く腎と血管に関連した病気を扱っています。

さらに、生活習慣病に関連する、昨今の肥満の問題、高脂血症、高尿酸血症の管理も行っています。健康診断等で指摘された生活改善を望まれる方は、ぜひ当科にご相談ください。

透析施設の運営

当科が血液浄化室を運営しており、主に入院中の患者の血液透析療法を行っています。

外来―入院と腎疾患への治療のなかで残念ながら末期腎不全となり、透析療法が必要になったときも、安心して透析導入できるように心掛けています。
すでに透析している患者さんも心臓の病気になったり、胃潰瘍になったりと入院してきます。そのときの入院透析も一手に引き受けています。

さらに、血液浄化すべてに対応することができるため、潰瘍性大腸炎のGCAP療法や、膠原病関連の免疫グロブリン除去など、特殊な血液浄化に関してもご相談にのっています。

ご紹介いただく際の留意点

生活習慣におおきく左右される高血圧、高脂血症、高尿酸血症、慢性腎臓病などは、どれくらい前から病気を指摘されていたかを確認する必要があります。

過去の健康診断結果、また、かかりつけ医さんがいる場合には、当院宛の紹介状など、情報が多い方が助かりますので可能な限りでご準備いただけることを望みます。

スタッフ紹介

松田 洋人(まつだ ひろと)
内科部長 兼 臨床工学科部長

患者さんへのメッセージ

普段大きな症状もないために見逃されがちな糖尿病や慢性腎臓病。そして高血圧も又しかりです。しかしながら、それらの放置は、将来のあなたの人生を大きく狂わす火種の病気なのです。
生活習慣からの病気は、脳梗塞、心筋梗塞といった血管の疾患と関連が深く、もし、それらの大病に見舞われると、本人はもとより家族の生活までも一変してしまいます。
私たちの科は、患者さんの将来を見据えたトータルサポートをこころがけ、患者さん個々の生活スタイルに合わせた医療をご提供して参ります。一度、ご相談にお越しください。あなたの未来を一緒に考えていきましょう。

専門分野

高血圧、腎機能障害

専門医資格等

  • 総合内科専門医
  • 日本高血圧学会指導医
  • 日本腎臓学会専門医
  • 日本透析学会指導医・評議員
  • 労働衛生コンサルタント
  • 介護支援専門員資格、医学博士

藤井 芳明(ふじい よしあき)
名誉院長

専門分野

一般内科、高血圧

専門医資格等

日本内科学会認定医・指導医

原 義和(はら よしかず)
腎臓内科部長 兼 血液浄化センター室長

患者さんへのメッセージ

腎臓病や高血圧を主に診療しています。これらの病気は、症状がないことが多いのですが、今後の健康に大きな影響を与える可能性があります。
現在の病状について丁寧に説明し、患者さんそれぞれにあった治療を患者さんと相談しながら行っていくように努めていますので、よろしくお願いいたします。

専門分野

高血圧、腎機能障害

専門医資格等

  • 総合内科専門医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医
  • 日本透析学会専門医

藤井 健太郎(ふじい けんたろう)
医長

専門分野

高血圧、腎疾患全般、透析

専門医資格等

  • 総合内科専門医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医
  • 日本透析学会専門医

外来担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 - 藤井(芳) 藤井(健) 松田 -
午後 藤井(芳)
松田 - - - -