グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム >  診療科・部門紹介 >  整形外科

整形外科



診療内容

整形外科では脊椎疾患、四肢関節疾患、骨外傷等の幅広い領域の診療を行っています。

脊椎班

脊椎疾患は石川副部長、金子医長、西田医長に加え若手医師を含めたチーム医療で、診察、カンファレンス、手術を行っております。頚椎から腰椎まで、変性疾患・感染症・外傷・転移性腫瘍など幅広く対応しております。
当院の特徴として、専門性の高い治療も積極的に行っております。特発性側弯症に対する装具療法や矯正固定手術、成人期の脊柱変形(変性側弯症や後側弯症など)に対する矯正固定手術を積極的に行っており、良好な成績が得られております。
また、内視鏡を用いた椎間板ヘルニア摘出術(MED)や経皮的椎弓根スクリュー(PPS)を用いた低侵襲脊椎固定術(MIS-PLIFなど)、側方進入による腰椎椎体間固定術(XLIF)、脊椎圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術(BKP)など、症例に応じて可能な限り低侵襲な手法を駆使して手術を行っております。さらに、手術中には脊髄神経モニタリング(MEP)を併用することで、安全性の高い手術が可能となっております。その結果、以前と比べ早期回復が可能となり、良好な手術成績が得られております。

関節疾患

四肢関節では股関節、膝関節の人工関節置換術を中心に、スポーツ外傷に対する関節鏡視下手術も積極的におこなっています。人工関節置換術では「いかに低侵襲で手術するか」が近年主要なテーマとなっていて、当院ではそれに沿った術式を選択しています。
股関節疾患は千葉人工関節センター長、大久保医長が担当して、低侵襲(前方から8cmほどの創部で手術することが可能です)の人工股関節置換術(THA)に取り組んで良好な成績を得ています。
膝関節は関口部長が担当して、大腿四頭筋を切離しないアプローチで人工膝関節置換術(TKA)をおこなうほかに、内側だけを置換する手術(UKA)にも適応に従って積極的に取り組んでいます。
また肩関節専門外来を月1回開設して、東邦大学教授の池上先生に診療をお願いして、必要があれば当院で手術も行っています。当院スタッフにご紹介頂ければ、必要に応じて検査後に肩関節専門外来の予約をいたします。

外傷

骨折等の外傷は主として若手医師が担当しています。スタッフ全員で平日毎日おこなっているカンファレンスを通じて、適切な治療方針決定をおこない、手術は経験のある指導医とともに施行しています。

整形外科だより

整形外科で定期的に発行しています整形外科だよりは下記のリンクからご覧いただけます。

2005年

2006年

2007年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2016年

2018年

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

特に力を入れている疾患

  • 脊椎脊髄疾患
  • 関節(股・膝)疾患
  • 骨折等外傷一般

専門外来

側弯症外来(特発性側弯症、先天性側弯症)

診療日・診察時間・担当医師 毎週火曜日 14時00分~15時30分 石川副部長
第2・4土曜日 9時00分~11時00分 石川副部長
受診方法・問い合せ先 整形外来へ問い合わせしてください。
内線6124

股関節外来

診療日 毎週木曜日 診察時間 09時00分~09時30分
担当医師 千葉参事
受診方法・問い合せ先 整形外来へ問い合わせしてください。
内線6124

リウマチ・膝関節外来

診療日 毎週火曜日 診察時間 14時00分~16時00分
担当医師 關口
受診方法・問い合せ先 整形外来へ問い合わせしてください。
内線6124

スタッフ紹介

關口 治(せきぐち おさむ)
部長

患者さんへのメッセージ

こんにちは。整形外科部長の関口です。整形外科は20年以上にわたって活躍した鎌田副院長が2020年6月末で退職となり転換期にさしかかっています。しかし当然ながら「患者さんを良くする」方向を目指すことに変わりありません。
従来から中心である脊椎疾患、人工関節置換術などの慢性期疾患、および交通外傷やスポーツ外傷など急性の疾患など、幅広くニーズに対応できるように頑張ります。

専門分野

膝関節疾患

専門医資格等

[所属学会]日本整形外科学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
[資格取得]日本整形外科学会専門医
[診療の基本姿勢]患者さんに寄り添い、わかりやすい診療を目指します。

千葉 和宏(ちば かずひろ)
参事 兼 人工関節センター長

患者さんへのメッセージ

以前は整形外科疾患の幅広い領域の様々な診療を行って参りましたが、この10年間は半分以上のエネルギーを人工股関節置換術に注いでおります。整形外科治療は何らかの原因によって損なわれてしまった運動機能をできるだけ元の通りに回復させることを最終の目標にしております。
そのために様々な手術を行っていますが、どうしたらより低侵襲で行えるかを常に考えながら日々診療しています。

専門分野

股関節外科 人工関節置換術

専門医資格等

慶應義塾大学医学部非常勤講師
[所属学会]日本整形外科学会、日本股関節学会
[取得資格]日本整形外科学会専門医、医学博士
[診療の基本姿勢]患者さんの活動性、健康状態を考慮して、最善の治療法を選択します。

石川 雅之(いしかわ まさゆき)
副部長

患者さんへのメッセージ

日本脊椎脊髄病学会認定指導医および脊椎脊髄外科専門医として、脊椎疾患の治療全般を担当いたします。
これまで、慶應義塾大学関連施設やHospital for Special Surgery/Scoliosis Service(米国)で数多くの脊椎疾患、脊柱側弯症を経験し、治療を行って参りました。これまでの経験を生かして、患者さんにとって最善の治療を提供できるよう努めて参ります。

専門分野

脊椎脊髄外科疾患一般、脊柱側弯症、腰部脊柱管狭窄症

専門医資格等

[所属学会]日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本側彎症学会
[資格取得]日本整形外科学会認定専門医、脊椎脊髄外科専門医、脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会指導医、医学博士
[診療の基本姿勢]患者さんとご家族に十分ご理解していただけるような病状説明を心がけ、最善の治療を目指して参ります。

金子 康仁(かねこ やすひと)
医長

患者さんへのメッセージ

低侵襲な脊椎手術の領域はこの10年で大きく進歩しております。
椎間板ヘルニアに対する内視鏡下切除術(MED)や腰椎変性すべり症などに対する低侵襲椎体間固定術(MIS-PLIF)、脊柱後側弯などの成人脊柱変形いわゆる腰曲がりに対する側方進入椎体間固定(XLIF)を併用した脊柱矯正固定術など、背筋を可能な限り温存するため回復が早く長期成績も優れる低侵襲な手法を活用して手術を行っています。
脊椎手術はタイミングが重要です。腰痛や下肢痛シビレなどで立っていられない、長く歩けないなどの症状が悪化傾向の際は、ぜひお早めにご相談ください。

専門分野

脊椎脊髄外科、成人脊柱変形、腰部脊柱管狭窄症、低侵襲脊椎手術

専門医資格等

[所属学会]日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本脊椎脊髄神経手術手技学会、日本低侵襲脊椎外科学会、最小侵襲脊椎治療学会
[資格取得]日本整形外科学会専門医、脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会指導医、医学博士
[診療の基本姿勢]「病気に厳しく、患者さんに優しく」をモットーに、最善の治療を選択します。

大久保 匡(おおくぼ まさし)
医長

患者さんへのメッセージ

2018年10月に赴任しました。以前の大学校病院では、“股関節”に関する教鞭を執りつつ、多くの手術を執刀しておりました。
現在も最小侵襲人工股関節置換術や股関節鏡といった最新技術を用いた治療を続けています。また同種骨や金属補填材料を要する大規模手術にも積極的に取り組んでおります。
わかりやすい説明を心がけ、何よりも患者さんの安全を第一に考えつつ、最適な治療を提供できるように努めていきます。

専門分野

変形性股関節症、股関節外科、人工関節置換術

専門医資格等

[所属学会]日本整形外科学会、日本股関節学会、日本人工関節学会
[資格取得]日本整形外科学会専門医、医学博士
[診療の基本姿勢]わかりやすい説明と、安全な手術を目指します。

西田 光宏(にしだ みつひろ)
医長

患者さんへのメッセージ

令和3年4月1日より赴任してまいりました。
腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱変形を始め、脊椎疾患全般を担当させていただきます。
脊椎疾患は、痛みやしびれ、歩行障害等で、日常生活に大きな支障をきたしてしまうことがあります。
お困りの患者さんに対し真摯に向き合い、原因をできる限り明らかにし、ご満足頂ける医療を提供できるよう最善を尽くします。

専門分野

脊椎脊髄外科疾患一般、腰部脊柱管狭窄症、脊柱変形

専門医資格等

[資格取得]日本整形外科学会認定専門医、脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会指導医、医学博士

吉田 宏大(よしだ こうだい)
医員

専門分野

脊椎脊髄外科疾患一般

専門医資格等

[所属学会]日本整形外科、日本脊椎脊髄病学会、最小侵襲脊椎治療学会
[資格取得]日本整形外科学会認定専門医
[診療の基本姿勢]患者さん第1の治療をいたします。十分な説明と最善の治療を行ってまいります。

河 姫暎(かわ ひよん)
医員

赤尾 翔太郎(あかお しょうたろう)
医員

専門分野

外傷、骨折

専門医資格等

[所属学会]日本整形外科学会
[診療の基本姿勢]適切な治療を心がけます。

外来担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
再診/紹介初診 西田 石川 金子 千葉 關口 ローテーション
(初診・再来)
千葉 吉田 關口 大久保
初診・処置 前田 赤尾
(第2・4)

(第1・3・5)

(第2・4)
赤尾
(第1・3・5)
吉田 西田

特殊外来[完全予約制]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
      - 側弯症外来 - 術後外来
(午後・赤尾翔太郎)
- 乳児検診
側弯症外来

脊椎脊髄センター [紹介初診のみ]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
9時00分~9時30分 ローテーション ローテーション ローテーション ローテーション ローテーション -

リハビリ科

特色

入院患者を主な対象とした急性期リハビリテーション。

主な医療設備

  • 運動器リハビリテーション(I)
  • 呼吸器リハビリテーション(I)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション(I)
  • 機能訓練室
  • 水治療法室

スタッフ

スタッフ名 役職
石川 雅之(いしかわ まさゆき) 部長
田中 さえ子(たなか さえこ) 理学療法士
玄番 匡(げんば ただし) 理学療法士
彦根 奈津美(ひこね なつみ) 理学療法士
金子 敬弘(かねこ たかひろ) 理学療法士
阿部 恵美(あべ めぐみ) 作業療法士
スタッフ名 役職
和田 晃平(わだ こうへい) 理学療法士
関口 めぐみ(せきぐち めぐみ) 理学療法士
渡辺 祥伍(わたなべ しょうご) 理学療法士
清水 義仁(しみず よしと) 理学療法士
山田 恵美子(やまだ えみこ) 理学療法士
関口 直也(せきぐち なおや) 作業療法士
並木 彩香(なみき さいか) 作業療法士
菅原 綾(すがわら あや) 言語聴覚士
渡邉 雄飛(わたなべ ゆうひ) 言語聴覚士