グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム >  診療科・部門紹介 >  消化器内科

消化器内科



診療内容

消化器内科では消化管、肝臓、胆道、膵臓など主に消化に関わる臓器の疾患を担当します。

次のような症状の方を診察いたします
おなかや背中の痛み、吐き気、胸焼け、食欲不振、おなかの張り、便秘、下痢、血便・黒色便、黄疸、体重減少、健診で異常を指摘された方(胃バリウム検査異常、便潜血陽性、ピロリ抗体陽性、肝機能障害、腹部超音波検査で認めた腫瘤、胆石、胆管拡張・膵管拡張、膵のう胞など)

担当する疾患

■消化管
食道炎、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、食道・胃静脈瘤、食道癌、胃癌、大腸憩室炎、大腸憩室出血、腸閉塞、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、大腸癌など

■肝臓
急性/慢性ウイルス性肝炎、非アルコール性脂肪肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、肝硬変、肝癌など

■胆道・膵臓
急性胆のう炎・胆管炎、急性膵炎、膵のう胞性疾患、胆道癌、膵癌など

診療の特色

当科では消化器各分野の専門医を中心に専門性の高い医療を実践しています。
特に以下の疾患の診断、治療に力を入れています。

  • 食道、胃、大腸の早期癌に対する診断および内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)をはじめとした低侵襲治療
  • 内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)や超音波内視鏡(EUS)を用いた胆道、膵臓における結石、悪性腫瘍の診断と治療
  • 炎症性腸疾患の診断と治療

当院はみなとみらい地区における唯一の総合病院として、消化管出血や急性胆嚢炎・胆管炎などの急性疾患を担当することが多く、スタッフ全員が消化管止血術や胆道系の内視鏡治療などの緊急処置に習熟しており、平日の日中はもちろん、夜間、休日もオンコール体制で臨んでいます。
2020年度の内視鏡検査実績は上部消化管内視鏡3207件、大腸内視鏡1981件、消化管腫瘍における内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)157件、ESDは食道・胃・大腸に対応しています。また、超音波内視鏡(EUS)が238件、そのうち超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUS-FNA)が43件、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)が315件でした。その他、移植が適応となるような重度の肝不全や高度先進医療が必要な症例は大学病院などと連携をとっています。
当科では患者さん中心の医療を心がけており、患者さんやご家族と相談しながら、外科、放射線科など他分野の医療スタッフ、緩和ケアチーム、薬剤師、看護師などと緊密な連携のもと、適切な治療方針を決定しています。ご自身の病気と向き合い不安を抱えていらっしゃる患者さんが安心して治療に取り組めるように全力でサポートしていきたいと考えております。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)について

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は早期の消化器がんに対する内視鏡治療の手技です。
対象は、リンパ節転移の恐れがなく、深達度が浅い(ほぼ粘膜内にとどまっている)と診断された食道・胃・大腸の早期がんとなります。

早期がんに対して、胃カメラや大腸カメラで消化管の内腔から粘膜層を含めた粘膜下層までを剥離し、病変を一括切除するという治療法です。従来の治療法に比べ、広範囲にわたる病変でも一度に剥離することができ、がんの進行度や残存組織が無いことも正確に判断できるため、当院ではESDを積極的に実施しています。

ESDの創部

ESD治療は、お身体への侵襲が少ないこと(おなかに傷がつかない、術後も消化管の機能が保てるなど)が大きなメリットです。また、お身体の負担が軽減されることで入院日数が短期間ですみます。
外科手術の多くは臓器を周囲のリンパ節と一緒に切除しますが、治療対象となる早期がんではリンパ節転移の恐れがないため、ESDを選択することで局所のみの切除となり、臓器をほぼ温存することができます。

ESDの技術が発達し、10㎝近い大きな腫瘍でも深達度が浅い病変であれば内視鏡で切除可能になりました。検査等で見つかった腫瘍が大きい場合でも、over surgeryを極力避けるため、まず消化器内科をご受診いただければと存じます。正確な範囲診断・深達度診断をしっかり行ったうえで、治療していきます。
担当医のご紹介

伊藤 高章
(いとう たかふみ)
消化器内科副部長
特に内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を中心とした内視鏡治療を得意としている。

田中 優作
(たなか ゆうさく)
消化器内科医長
主に消化管領域の内視鏡診断・治療に従事し、精力的に内視鏡治療を行っている。

胆膵疾患における内視鏡の診断と治療

胆膵疾患における内視鏡の診断と治療も、現在では必要不可欠な手技といえます。具体的には閉塞性黄疸や急性胆管炎に対する胆道ドレナージや総胆管結石の結石除去、また膵臓がんや胆道がんの早期診断などが挙げられます。手技の難易度が上がるにつれリスクも高くなるため、患者さんの状態に合わせながら慎重に適応をきめる必要があります。

胆膵内視鏡は、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)と超音波内視鏡(EUS)に分けられます。ERCPは内視鏡を用いて直接胆道や膵管を造影し必要により処置を行う手技で、現在でも胆膵内視鏡の中心的な手技です(図1)。また、EUSは胆道や膵臓の観察が中心でしたが、現在ではそのまま組織採取(EUS-FNA)をすることも可能となり、病気の早期診断や確定診断に繋がっています(図2)。さらに、難易度は比較的高めですが、EUSを用いて治療をすることも可能となっています(図3)。

図1
総胆管結石に対する内視鏡治療

図2
膵腫瘍に対するEUS-FNA

図3
EUSによるステント交通

高齢化社会の到来に伴い、今後も胆膵疾患の増加が予想されます。胆膵疾患の特徴としては、救急疾患が多い点と特に高齢者では重篤化しやすい点が挙げられます。また、治療方針に苦慮する症例や内科のみでは対応できない症例は外科や放射線科と合同カンファレンスを行い、状況を考慮しつつ適切な治療を講じています。

また、糖尿病の発症や増悪、超音波検査等で認めた膵管拡張や膵嚢胞の精査を契機に発見される早期の膵がんも増加しています。そのような方はぜひ、膵臓の内視鏡精密検査をご検討ください。
担当医のご紹介

香川 幸一
(かがわ こういち)
消化器内科副部長
胆膵内視鏡による治療が専門。EUSなど特殊手技を駆使し、胆膵疾患の早期発見に尽力している。

スタッフ紹介

岡沢 啓(おかざわ あきら)
消化器内科部長 兼 内視鏡センター長

患者さんへのメッセージ

下部消化管疾患を中心に、消化器疾患全般の診療を担当しています。
患者さんの生活背景や価値観、意思を尊重しつつ、一人ひとりに寄り添いながら、科学的根拠に基づいた医療を実践するよう心がけています。
患者さんが快適な生活を送るためにできる限りサポートしていきたいと考えています。ご不明なこと、心配なことがあればお気軽にご相談ください。

専門分野

消化器全般・特に下部消化管疾患

専門医資格等

  • 日本内科学会総合内科専門医、指導医
  • 日本消化器病学会専門医、指導医、関東支部評議員
  • 日本消化器内視鏡学会専門医、指導医、関東支部評議員
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本消化管学会専門医、指導医
  • 日本救急医学会ICLSインストラクター
  • 日本内科学会JMECCインストラクター
  • 慶應義塾大学医学部内科学非常勤講師

永田 博司(ながた ひろし)
名誉院長

専門分野

消化器全般

専門医資格等

  • 日本内科学会指導医
  • 日本消化器病学会指導医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本肝臓学会専門医

中下 学(なかした まなぶ)
消化器内科診療副部長

患者さんへのメッセージ

消化器疾患全般を良性疾患から悪性疾患まで幅広く診療しています。
悪性疾患が多い領域ですので的確な診断、お一人お一人にとって最適な医療を提供できるように心がけています。お気軽にご相談ください。

専門分野

消化器疾患全般

専門医資格等

  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医・関東支部評議員
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・関東支部評議員
  • 日本肝臓学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医

伊藤 高章(いとう たかふみ)
消化器内科副部長

患者さんへのメッセージ

「一期一会」の精神で最善の医療を提供できるよう努めています。また「クスリ」には常に「リスク(副作用)」が伴うことを忘れずに、本当に必要な薬かどうか吟味して慎重に処方するよう心懸けています。
胃癌・大腸癌は早期発見されれば内視鏡治療で根治することが可能です。早期発見するには定期的に検査を受けることが重要です。苦痛なく見落としがない内視鏡検査を心懸けています。

専門分野

消化管領域の内視鏡診断・治療

専門医資格等

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

香川 幸一(かがわ こういち)
消化器内科副部長

患者さんへのメッセージ

消化器内科のうち、胆膵内視鏡(ERCPやEUS)を用いた診断と治療を専門として診療を行っています。
患者さんの病状や背景に沿った最適な医療を提供できるように、日々取り組んでいます。
内科だけでなく、外科や放射線科などと連携しつつ治療を行っています。病気に関して、わからないことや不安なことがあればご相談ください。

専門分野

消化器胆膵疾患

専門医資格等

  • 日本内科学会総合内科専門医・認定内科医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本超音波医学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本胆道学会指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

関 由喜(せき ゆき)
総合内科副部長

患者さんへのメッセージ

消化器領域の感染症を中心に幅広く診療を行なっております。
丁寧な診察を心がけ、診断から治療までひとりひとりの患者さんに向き合って診療を行なっていきます。
わかりやすい言葉で説明し、患者さん・患者さんのご家族に十分に理解していただけるように心がけています。分からないことがあれば気軽にご質問・ご相談ください。

専門分野

消化器感染症

専門医資格等

  • 日本内科学会認定内科医
  • 総合内科専門医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本消化器病学会消化器専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本感染症学会感染症専門医
  • 日本化学療法学会抗菌化学療法認定医・指導医
  • ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター(ICD)
  • 日本医師会認定産業医

田中 優作(たなか ゆうさく)
医長

患者さんへのメッセージ

患者さん一人一人に丁寧に対応し、最善の検査や治療が出来るよう努めて参ります。
特に内視鏡診療については、苦痛が少なく、より正確な診断や治療が出来るよう日々心がけております。

専門分野

消化管領域の内視鏡診断・治療

専門医資格等

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医

外来担当表

は非常勤医です。

外来

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 岡沢 中下
田中
永田
香川 永田
伊藤(高)
-
午後 中下 - - 岡沢
福井
伊藤(高)
-

上部消化管 内視鏡

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 田中
大谷
川崎
大谷
岡沢
伊藤(高)
永田
(由)
田中
三原田
-
午後 - - - - - -

下部消化管 内視鏡

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 - - - - - -
午後 伊藤(高)
田中
大谷
大谷 岡沢
是木
伊藤(高)
川崎
田中
源田
-