グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




院内感染防止対策


院内感染防止対策のための組織体制

けいゆう病院では、医療安全全般の活動の充実のために、院内感染管理担当者を医療安全管理室の構成員として専従で配置しています。院内感染管理担当者は院内感染防止対策委員会、感染管理チーム(ICT)、医療廃棄物委員会等、感染管理に関連した委員会の中心的な位置付けであり、以下の役割を担っています。

院内感染管理体制

感染管理担当者の役割

  • 院内における感染症サーベイランス
  • 院内感染防止行動に関する実践状況の監視、指導
  • アウトブレイク時の対応
  • 院内感染防止のための広報・啓発活動
  • 感染防止対策のための研究、教育

ICTの活動

さらに、重要な役割を担っているのがICT活動です。ICTは医師、看護師、薬剤師、検査技師、GSM事務員から構成されます。感染管理のためのサーベイランスを行い、現場を定期的にラウンドし、感染管理上の積極的な介入を行っています。またICTでは、感染防止対策に取り組んだ部門・スタッフを表彰するなど啓蒙活動を行っています。

リンクナースの役割

感染防止推進と実践上のロールモデルを目的として各部署をリンクナースに任命しています。リンクナースは、院内感染管理行動について重要な役割を発揮しています。
  • 自部署における感染症患者および易感染患者の把握
  • 感染管理実践に関して職員や患者様・面会者への指導、周知の確認
  • 感染症発生時の適正な隔離・逆隔離指導
  • 感染症発生時の報告の徹底
pagetop