グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ご利用案内 >  外来のご案内 >  特殊外来 >  リンパ浮腫ケア外来

リンパ浮腫ケア外来


リンパ浮腫とは、リンパの流れが悪くなり組織の隙間にリンパ液が貯まることで腫れる状態をいいます。
そのほとんどは乳がん手術で腋窩リンパ節郭清を、子宮がん・卵巣がん手術で骨盤内リンパ節を郭清した場合や、放射線治療の後遺症として発症します。リンパ浮腫は完治が難しいため、早期発見で悪化を防ぐケアしか手当はありません。なによりも予防することが大切です。しかしこれまでの患者さんは正しい情報が伝えられず、リンパ浮腫になっても適切なケアが受けられず浮腫が重症化し、日常生活に支障を来す場合も少なくありませんでした。大切なことは『リンパ浮腫とは何なのか、なぜリンパ浮腫が起きるのか、予防するためにはどうしたらよいのか』を正しく知り、術後早期からセルフケアを続けることです。
当院ではH26年よりリンパ浮腫ケア外来が開設されました。
現在は入院中に予防指導を、退院後は定期的にチェックを行いリンパ浮腫の早期発見に努めています。
そして、リンパ浮腫を発症している方には複合的治療実施し、セルフケア出来るよう支援しています。

なお、これまで当外来では当院で手術を受けられた方のみを対象としていましたが、平成29年2月1日より他院で手術を受けられた方の紹介受け入れ対応を開始しました。
対象となる手術は、乳腺外科・婦人科でリンパ節郭清を伴う手術を受けられた方のみとなります。
ただし、ご希望の方すべてに実施出来るとは限りませんので、詳細についてはこちらをご参照の上、予めご了承下さい。

私が担当しています

福井 由紀 リンパ浮腫ケア外来担当看護師
ボッター式MLDセラピスト
リンパ浮腫指導技能者(リンパ浮腫指導技能者養成協会認定)

リンパ浮腫ケア外来ではこんなケアをいたします

1. 生活指導

2. リンパドレナージ

3. 圧迫療法

4. セルフリンパドレナージ

初回はリンパ浮腫を正しく理解して頂くために、リンパ循環や日常生活についてお話します。
所要時間は約60分です。その上で浮腫の状態に応じた圧迫療法・リンパドレナージを検討します。この場合は別日予約になります。
保険診療内で実施しておりますが、圧迫療法で使用する資材はすべて実費購入になります。ご了承ください。

リンパ浮腫ケア外来の実施時間

1.生活指導

初回は主治医の診察が必要です。
当日指導出来ますが状況によりお待ち頂く事もあります。別日予約でもかまいません。
実施場所 1階 相談コーナー(左側)

2.圧迫療法、3.リンパドレナージ、4.セルフリンパドレナージ

実施日 火曜日・木曜日:14時00分~16時00分
実施場所 2階産婦人科外来5番診察室

患者さんからこのような声が寄せられています

・腕のむくみが気になり、リンパ浮腫ケア外来にお世話になっています。まず、リンパ浮腫ケア外来があってよかったです。おかげでむくみは改善し、詳しい説明が聞けたので今後の対処方法もわかりひと安心する事ができました。リンパ浮腫は、一生つきあっていかなければいけない。でも正しいケアをすれば怖くないことが分かりました。

・リンパ浮腫の事がわからないまま、圧迫ストッキングやリンパマッサージを行っていました。そんな時、偶然、ケア外来の事を聞き受診、些細なことでも解答頂き安心しました。解説していただき、ありがとうございました。

・乳がんの術後、12年目になります。手術でリンパ節をとっています。本日とても詳しい説明を聞き、日常生活のケアの大切さを痛感しました。今まで何も知らなかったのです。日常生活で予防のために注意し、努力した方がよいことを一つひとつ丁寧に教えて頂きました。何かあったらすぐ相談できる体制が整っていることがわかり、安心しました

お問い合わせ先

けいゆう病院 リンパ浮腫ケア外来担当

電話番号:045-221-8181(代表)
電話受付時間:月曜日・水曜日・金曜日…14時00分~16時00分

pagetop