グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  部門 >  薬局

薬局


薬局長挨拶
当院薬局では、病院の理念である「患者さん中心の医療」、「高度で良質な医療」、「安全で信頼される医療」に基づき、以下3つの基本方針を掲げております。

1.薬剤適正使用を目指す。
2.安全で信頼される医療を薬剤師の専門性を活かし推進する。
3.業務の効率向上を常に念頭に置き、患者中心の医療を目指す。

社会のニーズに応えられる質の高い薬剤師を目指し、かつ薬の専門家として、治療効果を高めながら、副作用を最小限に抑え、患者の皆様に安全な薬物療法が提供できるよう日々研鑽を重ねております。
 薬剤師は全病棟に常駐しており、他にICU、手術室にも配置しております。昨年より入院受付にも薬剤師を配置し、入院前より患者さんの服用薬(持参薬)を把握、アレルギー歴などの情報収集を行い、そして手術日程に合わせた休薬の指示出し確認など、患者さん一人ひとりに適したより安心な医療・薬物治療が受けられる体制を講じております。
また、外来化学療法室における抗癌剤調製や、組織横断的なチームとして感染制御チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)、緩和ケアチームなど、様々な分野の専門・認定を活かした薬剤師が参画し、安全で効果的な医療の実践に貢献しております。
 今後も患者さんを中心とし、切れ目のない最良の医療・薬物療法が提供できるよう、薬剤師全員が医療チームの一員としての自覚を持ち、地域医療にも貢献できるよう専門性を発揮して参ります。



                              
平成29年4月
薬局長 林 誠一
薬局職員(平成30年4月1日現在)
  • 薬剤師  40名
  • 助手   4名
pagetop