グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム >  診療科・部門紹介 >  産婦人科 >  当院で出産をご希望の方へ

当院で出産をご希望の方へ


はじめに
けいゆう病院では、妊産婦さんが安全にそして安心してお産に臨めるよう、産婦人科医師・看護助産スタッフ一同協力して努めております。
育児や授乳について指導させていただき、小児科医師とも連携することで、退院後に自信をもって育児ができるようお手伝いいたします。
分娩方法は自然分娩と無痛分娩があり、ご希望の方法を選択出来ます。

新型コロナウイルス感染症の流行下における対応について

新型コロナウイルス感染症の流行状況を鑑み、感染対策として産婦人科外来・病棟での対応を取り決めましたのでお知らせいたします。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。対応についてはこちらをご参照ください。


安心してお産ができるように

けいゆう病院では、初めての方でも安心してお産にのぞめるように、産前産後のサポートを充実させております。
これからお母さん・お父さんになる方へ向けて、正しく妊娠・出産についてご理解いただけるように、「母親学級」や「両親学級」(※いずれも別途受講料有り)を開催しております。当院で出産をご希望の妊婦さん、およびそのパートナーの方であれば、どなたでもご参加いただけます。

特に「母親学級」では、妊娠前期(妊娠20週まで)と妊娠後期(妊娠30週以降)に分けて、より詳しく妊娠中の過ごし方やお産中の過ごし方、産後の生活についてお伝えしております。初産・経産にかかわらずどなたにとっても大切な出産の日を、より安全かつ安心して迎えられますよう、精一杯サポートさせていただきます。

また、外来受診時にお子様をお預かりする託児所「むつみ保育園」もあり、安心して外来受診をしていただくことができます。
それ以外にも、ご不安なことがございましたら個別にご相談を承っております。外来受診時にお気軽にスタッフへお声かけください。

母親学級・両親学級

けいゆう病院では、妊婦さんやご家族の方にとって大切な一日となるお産の日を、安心してお迎えいただけるよう「母親学級(妊娠前期・後期分けて開催)」「両親学級」を開催しております。
当院で出産をご希望の方であれば、どなたでもご参加いただけます。これからお母さん・お父さんになる方にとって、不安や心配事を少しでも解決できるような内容となっております。奮ってご参加ください。
会場 けいゆう病院 13階大会議室 [フロアマップ]
持ち物 母子手帳・診察券・パンフレット・筆記用具 ※飲食は可能です。
受講料 1,100円(税込)
予約方法 2階外来受付 ※婦人科外来ではありませんのでご注意ください。

各学級のご案内

教室名 対象 日時
前期母親学級 妊娠20週までの妊婦さん 第2月曜日 13:30~15:30
後期母親学級 妊娠30週以降の妊婦さん 第4月曜日 13:30~15:30
両親学級 経腟分娩予定の方で、妊娠30週以降の妊婦さん・パートナーの方 第2・4土曜日 13:30~15:30
※両親学級では主に立ち会い分娩を希望されているパートナーの方へ向けての内容となりますが、産後の育児についてもお話しております。ご希望でしたら、帝王切開予定の方もご参加いただけます。
妊娠前期には、妊娠中の過ごし方や心身の変化・赤ちゃんのお腹の中での発育やお産の流れについてお話しし、お産に向けたイメージを持てるようにしていきます。お産の時期が近づいた妊娠後期には、小児科医や産科医のお話の他、お産の流れと産後の生活についてご案内しております。また両親学級では、ご家族を含めたお産中の過ごし方や産後の生活についてもご案内しております。これから新しい家族を迎え入れる準備がご家庭でできるよう支援いたします。
現在は新型コロナ感染症拡大防止のため集合教室は行っておらず、個別対応にて内容をご案内しております。
妊婦の皆様がコロナ禍でも不安無くお産の準備ができるようサポートいたしますので、どうぞご安心ください。

無痛分娩

けいゆう病院では、陣痛の痛みを和らげる分娩方法の一つとして、無痛分娩を提供しております。
麻酔科医師・産婦人科医師・助産師の協力のもと、妊婦の皆様が安心してお産に臨めるよう、安全な無痛分娩を実施できる体制を整えております。

無痛分娩とは(Painless delivery)

無痛分娩とは、陣痛の痛みを麻酔を使って和らげながら行うお産方法のことをいいます。けいゆう病院では、「硬膜外麻酔法」という方法で無痛分娩を行っております。“無痛”といっても完全に痛みを取り除けるわけではなく、お産の時に生じる痛みを軽くすることで安全なお産を導き、産後のお母さんの負担を軽減することができます。日本では、欧米諸国に比べてまだまだ普及していないのが現状ですが、母児ともに安全で安心できるお産方法の一つとして選択されることが増えてきています。

無痛分娩のメリット・デメリット(リスク)

〈メリット〉
  • 分娩中の痛みを緩和することができる(過呼吸や血圧の上昇を防ぐことができる)
  • 痛みのストレスや不安から解放される
  • 産後の回復が早いため、赤ちゃんのお世話に集中できる
  • 妊婦さん・赤ちゃんの分娩時のストレスを緩和し、分娩進行をスムーズにすることができる
  • 分娩中に赤ちゃんの状態が悪化した場合、速やかに帝王切開手術にとりかかることができる

◎上記の理由から、痛みへの抵抗が強い方やお産を長引かせたくない方、妊娠高血圧症候群等の妊婦さんが対象となることが多いです。
〈デメリット(リスク)〉
  • 陣痛が弱くなり、分娩の進行に時間がかかることがある(微弱陣痛・分娩遷延)
  • 発熱・血圧低下・排尿困難感・腰痛・背部痛・頭痛・足の脱力感を起こすことがある
  • 血液中の麻酔薬の濃度が高くなり、中毒症状が出ることがある
  • 麻酔チューブの入っている付近に血液の塊(血腫)ができ、神経を圧迫することがある(発生率は極めてまれです)
  • 麻酔チューブの入っている経路を通じて、神経に菌が感染することがある(発生率は極めてまれです)

けいゆう病院の無痛分娩の実績 

2018年度   102件
2019年度   127件
2020年度   116件

無痛分娩の費用  

正常分娩費用(70万円)に別途約12万円がかかります。
※個室をご希望の方は1日3万3千円(税込)がかかります。

無痛分娩の条件

平日9:00~17:00までに出産となる可能性の高い産婦さんに限定して対応させていただいております。

無痛分娩教室のご案内

硬膜外無痛分娩は安全性の高い方法と考えられていますが、医療行為ですのでリスクとベネフィットをご本人・ご家族と納得の上で決定していただく必要があります。
そのため、けいゆう病院では無痛分娩をご希望される方全員に「無痛分娩教室」を受講していただいております。
申し込み方法 産科外来受診時に、医師または看護師へお声かけください。
日時・場所 第2・4木曜日 午前10時から 13階会議室にて
※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、現在は個別に対応させていただいております。
 ご希望日時を2階外来受付にてご相談ください。

受講資格者 けいゆう病院で出産される妊婦さん

もっと詳しく知りたい方へ 

無痛分娩に関してさらに詳しく知りたい方は、下記リンク先より他サイトへアクセスすることができます。
JALA無痛分娩関係学会・団体連絡協議会
一般社団法人日本産科麻酔科学会

入院期間

初産婦の方は分娩後6日間入院、経産婦の方は分娩後4日間入院、帝王切開の方は手術後8日間入院となっております。(標準的な期間ですので、お産の経過によっては変わることがございます。)

面会時間

新生児室 午後3時15分~4時15分
一般病棟 平日:午後3時00分~午後7時00分│土・休・祭日:正午~午後7時00分
病室内での面会はパートナーの方・ご両親のみとさせていただきます。

病室について

病室は、個室と4床室(6F産科病棟はパーテーションで区切られています)がございます。

母児同室について

お母さんと赤ちゃんがお部屋で一緒に過ごす母児同室を実施しております。
(正常分娩の方は産後1日目から、帝王切開の方は手術後2日目から開始となります。)
ただし、お母さん・赤ちゃんの体調により母児同室を遅らせたり、赤ちゃんを一時的にお預かりすることがございます。
また7F病棟にご入院された場合、母児同室の開始が上記予定より遅れますので、ご了承ください。
母児同室に関してご不明な点がございましたら、いつでもご相談を承っております。お気軽にご相談ください。

立ち会い分娩について

分娩室でのパートナーの方の立ち会いを実施しております。
立ち会い分娩をご希望の方は、妊娠34~35週の個別指導時に助産師へお申し出てください。

祝い膳

産後は妊婦特別食になりますが、退院前日の夜はご希望により、ご家族さまと共に13階レストランにおいて「お祝い膳」によりお祝いすることができます。(※ご家族さまの「お祝い膳」は自費となります。)

お産の予約

お産の予約は、妊娠初期より受け付けております。

令和2年12月中旬から予約分娩予定日の妊婦さんは、近隣の医療機関を受診された場合は紹介状をもらった後、直接当院に連絡いただき初診の予約を取ってください。まだ医療機関を受診されず当院を受診する場合は、午前8:30~11:30までに来院し初診窓口で手続きを取っていただきます。

※従来、医療機関より当院受診予約の連絡をいただいておりましたが、医療機関の負担増となっておりましたため、上記予定日の妊婦さんに関しては直接妊婦さんご自身で受診予約を取ることが出来るようにしました。


分娩の予約受付は外来受診後となりますので、まずは外来診察の予約をお取りください。

なお、お問い合わせの時点で、締め切り前でもその後の受診状況により分娩予約をお受けできないことがございますため、あらかじめご了承ください。
問い合わせ電話番号 045-221-8181

分娩件数実績

経膣分娩 帝王切開
2020年度実績 819件 284件 1104件
上記の経膣分娩内数として、無痛分娩件数が116件となります。

よくある質問

Q. 分娩予約時の費用について

分娩予約金2万円、診察等で約3万円程度かかります。現金をご用意ください。
※初診の方で紹介状をお持ちでない場合は、特定療養費5,500円(税込)が別途必要となります。
※予約金は、分娩費用支払時にご清算いたします。

Q. 妊婦健診のみの受診はできますか?

他院での分娩を予定している方の妊婦健診は、お受けしておりません。

Q. 分娩予約後、他院での妊婦健診はできますか?

妊娠32週以降当院で健診をお受けいただければ大丈夫です。(妊婦健診は他院で行っていただくことをお勧めしています。)

Q. 分娩費用はどのくらいですか?

正常分娩で約70万円、帝王切開で60万円です。
無痛分娩を希望された方は、分娩費用に約12万円別途かかります。
個室を利用する場合は、1日 33,000円(税込)かかります。

Q. 無痛分娩は、希望すればだれでも受けられますか?

産婦人科医師・麻酔科医師の判断、分娩の進行状況など条件が合えば受けられます。
なお、麻酔分娩学級の受講が必要です。

妊婦歯科健診について

妊娠中はむし歯や歯の病気になりやすい時期です。健やかな妊娠・出産のため歯科健診の受診をお勧めします。なお、横浜市に住民登録のある方は、当院の歯科において無料で妊婦歯科健診の受診ができます。
詳しくは「妊婦歯科検診」ページをご覧ください。

産後健診

出産後はホルモンバランスの変化や育児に対するストレス・不安などにより、どなたも精神的に不安定になることがあるといわれています。
これらの産後の精神的不調(産後うつ)を早期に発見し指導や相談を行い、身体面のサポートに加え、精神面のサポートを追加した産後の2週間・1か月健診を行っております。

対象 当院で分娩された産婦の方(平成29年6月1日以降に分娩された産婦の方)
健診実施場所 けいゆう病院 4階産婦人科
実施回数 2回(産後2週間・産後1カ月)
費用 5,000円/回
横浜市内に住民登録がある産婦の方は「産婦健康診査費用補助券」により2回(産後2週間・産後1カ月)の補助が受けられます。
※その他自治体の産後健診補助の取り扱いにつきましては各自治体へお問い合わせください。

産後健診の内容(産後2週間・産後1カ月健診の健診内容は同様です)

1. 問診(生活環境、授乳、育児不安等)
2. 診察(悪露・乳房の状態、子宮の復古状況等)
3. 体重・血圧測定
4. 尿検査
5. こころの健康アンケート(エジンバラ産後うつ質問票)
6. 赤ちゃんの気持ち質問票
7. 育児支援チェックリスト