グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  特色・取り組み >  高度な専門性 >  がん診療体制 >  院内がん登録

院内がん登録


がん登録とは、来院された全ての患者さんのがんについて、診断、治療、生存に関する情報を登録、収集、保管、解析するしくみのことをいいます。
収集した情報から病院内の対がん活動の状況を把握し、がんの早期発見や治療、予後の向上、診療の支援とがん診療の機能評価に役立てること、ひいては地域レベル、国レベルのがん対策にも役立てることを第一の目的としております。

登録となる疾患は、悪性又は上皮内に分類された腫瘍とその他の政令で定める疾患です。当院では、国立がん研究センターの提示する「院内がん登録 新標準登録様式」の標準項目に沿い、主治医や診療に携わった医師、診療情報管理士が情報の登録をおこなっています。
院内がん登録の情報は、「がん登録等の推進に関する法律」による全国がん登録や、神奈川県が実施している悪性新生物登録事業の地域がん登録など今後のがん診療・対策に役立てるように提供を行っております。

※ 登録されている情報は患者さんの個人情報も含まれておりますので、当院の個人情報保護規程、
院内がん登録実施規程に則り、利用者・利用目的を制限しております。

院内がん登録により収集された情報の主な利用目的

がんに関する医療活動の評価(統計)の資料作成
予後調査
地域がん登録への情報提供
全国がん登録への情報提供
国立がん研究センターがん対策情報センターへの情報提供

院内がん登録予後調査について

がん登録の対象となった患者さんにつきまして、その治療結果とその後の健康調査を確認するための生存調査を行っています。具体的な方法としましては、当院への受診情報を基本にしていますが、長期に受診されない患者さんに対しては、ご本人への確認や、市町村等への照会をさせていただく場合がございます。
なお、その際得られた個人情報につきましては個人情報保護等に基づき適切に管理いたします。

統計

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

pagetop